このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > デライトな日々
2019年01月13日 【スタッフ日記】

 

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    あけましておめでとうございます。

    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

年初ブログは、初えびすと私が今年最初に心に響いた「言葉」について綴りたいと思います。

 

 
2018年12月28日 【スタッフ日記】

 学生時代も含め、名古屋で暮らして6年目になります。

 

私の出身地は大分県中津市というところで、大分県北西部に位置する福岡県との県境の田舎街です。一万円札の肖像でもある福沢諭吉が生まれた場所であり、生家は今も大切に保存されています。町の中心には大河ドラマでも人気を博した黒田官兵衛が築城した中津城が今も残ります。

 

このように、一地方都市としてはなかなか豊かな歴史観行資源を備えた我らが中津市。そんな中津市がここ数年、町興しのために観光PRの目玉としているのが『から揚げ』です。福沢諭吉と軍師官兵衛を差し置いての『から揚げ』です。近年ではから揚げの聖地などとしてメディアで採り上げられることも多くなったので、『中津からあげ』というワードを耳にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ふるさとの知名度が高まるのは単純に喜ばしいことなのですが、典型的な家庭料理あるいは居酒屋メニューであるから揚げが地域の名物として扱われるというのは、よくよく考えるとまったく不思議なものです。『中津からあげ』を実際に食べたことのある方はよくお分かりだと思いますが、味に関して言えば、そこらへんのちょっと美味しいから揚げと大して変わりません。味付けや姿かたちが特殊で変わっているのかというとそんなこともありません。実物は、偏差値50~60程度で想定の範囲を超えないから揚げです。

 そんな中津からあげがどうしてこれほどの人気を博すようになったのか。マーケティングだの何だのといった難しい話は分かりませんが、「関わる人たちが誠実な仕事をしたから」ということは理由の一つとして間違いないのではないかと思っています。

どんな店で食べてもそれなりに美味しいが特別な個性もない。考えてみると、から揚げと社労士事務所とは何だか似ているような気がします。私共の仕事というのは、法律という確立された基準がベースとして存在することもあり、他との差別化がなかなか難しい部分があります。あくまでもお客様が何を求めるか、どうしたいか、という潜在・顕在ニーズが先にあり、それを明確化し実現させるためのお手伝いをさせて頂く、というのが本旨ですので、奇をてらったご提案をして気を引くようなこともありません。

 そんな、ある意味では地味な仕事をする私共ではありますが、せめて他の事務所と比べて【特別】な事務所でありたい、と常日頃考えています。そして『どう特別になるか?』ということを考える際に、中津からあげのケースが大変参考になるのです。奇をてらう、突飛な提案をする、過剰な演出をする、耳ざわりの良い話ばかりする、そのどれも私共の仕事には必要ありません。【誠実・愚直・感動】を社訓とする私共は、誠実にクライアントと向き合い、本当に必要なことを愚直に考えて提案をし、その結果としてから揚げを食べたときのような程良く胸にしみる感動を創出します。強い刺激などはありませんが、皆様から「何だかいいよね」と仰って頂ける、そんな仕事をしたいと思っています。

地元のことを考えているつもりが、いつの間にやら来年の抱負のようになってしまいました。

 

本年は大変お世話になりました。

来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

 
2018年11月05日 【スタッフ日記】

 随分前に、日本の自動車運転の交通ルールにおいて、「信号機のない横断歩道で、歩行者が横断しようとしているのに車が停車しない。」という記事を見ました。

 
2018年09月26日 【スタッフ日記】

 実は、新幹線に乗るのが大好きです。

なんと言いましょうか、鋼の塊がものすごいスピードで野山、都会を駆け巡る爽快感。

いざ、富士山が拝見出来る窓際席を指定してあのお姿を一目見ようと。

 
2018年08月31日 【スタッフ日記】

 まだまだ暑い日が続きますが、皆様体調はくずしたりしてませんか?

天気予報では9月にはいれば気温のほうは少し下がるという予報です!!
今年の夏は本当に死にそうなくらいの猛暑で、外に出るのが嫌になるくらいでした。
しかし、子供は暑さなんかまったく気にならないのか外に行こうと誘ってくるので
どのように阻止しようか大変でした。子供の体力にはもうついていけないです・・・。
保育園の先生たちは素晴らしい!!毎日、感謝・感謝です。
 
 今年のお盆は私の体調が少し悪く子供と2人で実家に帰省し、子供同士で遊ばせる作戦に出ました。 私の妹には6歳と1歳の女の子がいるので休み中は毎日一緒にプールに入ったり外で一緒に遊んで田舎の夏を満喫していました。
やっぱり兄弟がいると遊び方が全然違いますね!いつも家では一人遊びや親と遊ぶ事が多いですが、人数が多いと遊び方が活発になり、体いっぱい動かし汗だくになってとても楽しそうに遊んでいました。
私も3人兄弟ですが、小さい頃はよくケンカばかりしていましたが、大人になれば一緒にランチに行ったり、良き相談相手にもなってくれます。兄弟っていいもんだなと思った夏休みでした。
 
(ヤノイ)
 

メニュー

月別一覧

デライトな日々「社長日記」
持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】