このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > デライトな日々 > 2008年10月

「2008年10月」の一覧

2008年10月28日 【スタッフ日記】

 

こんにちは、佐藤です。
 
 
あっという間に10月も過ぎ、紅葉の季節になりました。
出張が多い私には、楽しみな時期でもあります。
 
今回は、ある地方にお伺いした際に立ち寄った、
地元旅館の話をしたいと思います。
 
そこは、気さくな女将と料理自慢のご主人が、
地元の特色を前面に打ち出して経営する旅館でした。
料理を頂くまでは、
「何~だ、普通の旅館じゃないか。駅前ホテルの方が気楽でよかった」と、
心の奥で思っていました。
 
しかし、女将が話す「この地元にしかない山の幸・海の幸」を、
その地元ならではの最もおいしい調理法で次々に食べた時、
感動に変わっていました。
 
それ以上にご主人の話を伺ったとき、私はビジネスの本質を改めて知らされました。
ご主人曰く、
「ここにしかない、ここでしか味わえないものが沢山あることを、
まず地元の人が自信をもって、全国に発信しないと生き残れない」
 
「都会の真似事ばかり考えていたら、全国ホテルチェーンにお客を奪われてしまう」と、
熱く私に話して下さいました。
 
帰宅して、すっかり都会化した自分の住む環境を見て、
改めて「失いつつある地元の良さを取り戻さなければならない」と強く思い、
仲間に声を掛けています。
 
読者の皆さんも、地元の良さ(自社・自分の良さも)を、
見直しては如何でしょうか。
 
きっと、自分たちの中では慣れ切って当たり前、
しかし、皆が感動する自然の恵みや祭事が有るのではないでしょうか。
 
実は来年2月、その地方に再度出張する予定が舞い込んできました。
次は、どんな珍しい料理を頂けるのかと、いまから楽しみが広がっています。
 
 
2008年10月25日 【社長日記】

 

今週はどこにいっても景気が悪い。客が減ったということを耳にします。
以下は今週、私が実際に聞いた話です。
飲食店・店主)
         最近本当にお客が減った。景気が悪いと飲食店は直ぐに影響を受けるので
   大変だ。これからどうなるのか心配でしかたない。
紳士服量販店・店員)
         平日は、目に見えて客が減った。来てくれてお買い上げしてくださって、
本当にありがとうございます。
某錦三丁目クラブ)
         「暇してるよ。たまには、近藤さん来てよ」と何度も電話。
(*昔からクラブには、本当にたまにしか行っていないにもかかわらず)
某主婦)
         スーパーに行っても食料品が値上がりしているので、買い控えることもある。
また、同じものなら安いものに買い換える
 
というように、かなり景気が悪い話しばかりです。
そういえば、株価もバブル崩壊後の最安値に、超接近しましたね。
 
いつまで不景気が続くか分かりませんが、
皮肉にもこうゆうときは、家族と過ごす時間が持てたり、環境にもいいし、
本当に必要なことやものが分かるチャンスでもあります。
また、何より社会に不必要なサービスやモノがはっきりしますので、
そう考えるとあながち、悪いものではないと思います。
 
個々には、失業や犯罪が多発したり、マイナス面が露呈しますが、
それは、政府と民間で力を合わせ対処しないといけないですね。
 
不景気でも子供は、いつでも明るく元気に走り回っています。
大人は、子供に見習いたいです。
 
それでは、ブログ第17号は、「使命感」についてです。
 
●「使命感」
定義) 自分の存在意義や何をすべきかを理解し、社会の中で自分の役割を果たす。
●行動例でチェック)
1.見返りを求めずに行動している。
2.「私がやらねば誰がやる」との思いで行動している。
3.いかなる困難や障害も苦にせず乗り越えている。
4.自分の損得は後回しにして、社会のために行動している。
 
日本がまだ高度成長期のころ、あるいは特に歴史上時代が動く時には、
「使命感」をもった人たちが、沢山いたように思います。
みな、希望を持ち自分の命を懸けてまで、物事にあたっていましたね。
 
現在はいかがでしょう。
使命感を持った人を、見かけたことがあるでしょうか。
私の知る限り、正直ないです。
まだまだ、私の見聞や人付き合いが狭いということもありますが、
噂に聞くことすらありません。
 
日本は、不景気といっても、豊かです。
豊になると、目標を失ってしまうのでしょうか。
あるいは、命を懸けてまでしたいと思うことが、なくなってしまうのでしょうか。
 
時代や世間を変えるような大きなことは、凡人ができることではありません。
(選挙には行って欲しいですけど)
でも、身の回りのこと、自分の仕事のことで、使命感をもって行動できるとすばらしいですね。
 
人生には、3回くらい使命感を持って取り組むときがあるような気がします。
私は、あと2回あると思っています。
 
 
 
次回は、「専門知識」についてです。
 
2008年10月22日 【スタッフ日記】

絵を”観る”のが好きな岸です。

先週末から、名古屋市美術館(市美)で、待ちに待った『20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代 展』が始まりました。この日曜日早速、絵を”描く”のが好きな長男(小3)と一緒に市美まで足を運んできました。展覧会のタイトルどおり、パブロ・ピカソとパウル・クレーの作品を中心に64点が展示されていました。

http://k20nagoya.jp/index.htm

 
2008年10月18日 【社長日記】

 

今日からセリーグのクライマックスシリーズが始まります。
私は、中日ファンです。
 
今日の相手は、阪神。今年の中日は、かなり阪神に分が悪いです。
中日には勝って欲しい気持ちはありますが、最終的には巨人に日本シリーズ
に行ってもらいたいですね。
 
だって、どう考えても巨人の方が実力は上です。努力した訳です。
短期決戦で中日が勝ってしまったら、素直に喜べないですね。
阪神は今回残念でしたが、阪神が勝ってもそう思います。
 
中日の選手は、「ルールですから一生懸命やって、日本一を勝ち取ります」
といっても、本音は違うでしょうね。
 
やはり、スポーツの世界ですし、本当にがんばったチームが報われるべきです。
このような制度は、はやく廃止して欲しいものです。
 
短期的な人気とりや集客向上策は、いつか逆にプロ野球ファン離れを起こします。
 
それでは、ブログ第16号は、「高い志」についてです。
 
●「高い志」
定義) 社会や組織のために、自分が何をすべきか明確に定めている。
●行動例でチェック)
1.職業人としての目標を周囲に語っている。
2.将来の夢を周囲に語っている。
3.キャリア目標や夢の実現に向かって、着実に行動している。
4.「世のため、人のため」には、自分のリスクや危険を省みず行動している。
 
「高い志」というのは、大企業の採用担当責任者が、よく学生に求めるキーワードです。
就活シーズンになると、企業の人事部長さんたちは、我社の求める人物像は
「志が高い人」なんて、メッセージを発信したりします。
 
確かに最近「高い志」を持った人は、見かけなくなりましたね。
企業もそうゆう意味では、人材不足なんだと思います。
ただ、私的には「高い志」を持った人を、求める人物像として
公募することが、そもそもナンセンスだと思います。
 
また、時代の波に乗ってマスコミ受けしたベンチャー経営者たちは、
「高い志」をウリにしていましたが、スキャンダルや法令違反を
繰り返してしまい、ぽしゃってしまったのは記憶に新しいところです。
 
本当の「高い志」とは、どうゆうものなんでしょうか。
私は、「最終的には社会及び自然環境に貢献できる
個人のキャリアビジョンや確固とした生き方や信念」
のようなものだと考えています。
 
豊になりすぎたり、平和すぎると「高い志」を持つ必要がなくなって
しまいがちですが、このような時代こそ、次世代のことを考えて「志」
を持たなくては考えます。
 
私の「志」は?ちょっと小さく現実的かもしれませんが。
「人事や労務の切り口から人々の成長をサポートし、
毎日おはようと元気よく挨拶できる人を、一人でも多く輩出するお手伝い」
をすることです。
そのような人は、必ず社会に貢献し、自然も大切にします。
 
みなさんの「志」はいかに!
 
次回は、「使命感」についてです。
 
 
2008年10月14日 【スタッフ日記】

組織人事コンサルティング事業部の東卓(ひがしたかし)です。
今回でスタッフ日記の2回目の担当となります。

最近、コンビニエンスストアで、雑誌や週刊誌だけでなく、一般の書籍も取り扱っていることをご存知の方も多いでしょう。
私は買い物ついでに、どんな本が並んでいるのか、手にとってみたり、少し立ち読みすることがあります。

 

メニュー

月別一覧

デライトな日々「社長日記」
持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】