このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > デライトな日々 > 2014年4月

「2014年4月」の一覧

2014年04月25日 【スタッフ日記】

 古例大祭 多賀まつり

地元多賀大社の年間の行事の一つで古例大祭 (地元では多賀まつりと呼んでいます)
がありました。毎年4/22に行われ、お祭りのメインは神輿(みこし)馬頭人(ばとうじん)の行列など大勢の人が列次を整えてお渡りが午前10時頃から夕方5時頃まであります。
今年は私の弟が厄年のため、神輿をかつぐので家族みんなで見に行きました。
やはり身内が参加しているとお祭りもいつも以上に楽しく見ることができ、いいものですね。これから暖かくなり色々なイベントが各地であると思うので家族で色々な場所に遊びに行く計画を立てたいと思います。
 
2014年04月17日 【スタッフ日記】

みなさん、こんにちは。

桜の花は散ってしまい、すっかり葉桜へと姿を変えています。

春があっという間に過ぎ去ってしまったように感じますが、食の世界は

まだまだ春満開です。

新キャベツや新玉ねぎなど、春になると美味しくなる野菜がたくさん市場に出回ります。

どれも甘みが増して、生で食べてもとても美味しいです。

でも私が一番楽しみにしているのは、この季節にしか味わえない山菜や筍です。

今年も我が家の食卓にお目見えしました。

灰汁が強く、下処理が大変なのが難点ですが、ほろ苦い味わいは、春を感じさせます。

山菜も筍も、湯通りしてみそをつけたり、卵とじにして頂きます。

旬のものは、シンプルな食べ方が一番合いますね。

そして今年は新たな山菜との出会いもありました。「のびる」という一見葱のような山菜です。

気になったので、調べてみると小川の近くに群生し、なぜか人の匂いのするところにしか生えない

不思議な山菜なのだそうです。人が好きなんで、可愛いですね。

食感は、根っこの部分はしゃきしゃきとしていて、湯通しして柚味噌につけて頂くと美味しいです。

初めて口にする食材に出会うことは最近めったになかったので、新鮮な気持ちになりました。

春の香を運んでくれた、山の恵みに感謝です。

                           (須田)

 

 
2014年04月03日 【スタッフ日記】

 岐阜市中心の柳ケ瀬商店街に「ロイヤル劇場」という映画館がある。

柳ケ瀬も昔は賑やかで活気があったが、今は郊外に大型ショッピングモールやシネコンができ、その影響を受けている。
そんな柳ケ瀬を活気づかせようと、映画好きの支配人が「昭和名作シネマ劇場」と名うったレトロな映画館を考案した。
昔なつかしい映画がワンコイン(500円)で観られるとあって中高年のファンが多い。
今はデジタル映写が主流だが、この映画館は映写技師によるフィルム上映である。フィルムが古いので上映中に切れてしまうこともしばしばあるとのこと。
この劇場には50年以上勤務するベテラン映写技師がいる。
彼は毎朝30分かけて自転車で通勤している。来館してくれるお客さんのために、朝早くからフィルムを伸ばして切れていないか点検し、もし切れていたら巧妙につなぎ合わせる作業を手早く行う。もし上映中にフィルムが切れてしまった場合には、彼にしかできない作業なので昼食が取れないこともあるとのこと。まさに職人芸だ。
地域のために貢献している支配人や舞台裏で活躍している彼に感謝している。
週末に映画を見に行くのが私の楽しみである。(矢崎)
 

メニュー

月別一覧

デライトな日々「社長日記」
持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】