このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > デライトな日々 > 2011年4月

「2011年4月」の一覧

2011年04月26日 【社長日記】

 

先日、毎年恒例の潮干狩りに、当社メンバーの東と
私の息子とで行ってきました。
潮干狩りの場所は、蒲郡市の三谷海岸とラグーナ蒲郡前の砂浜です。
 
まず、干潮時間の2時間前の10:00から、潮干狩りを開始。
三谷漁業協同組合の人の情報では、今年は本当にアサリが育って
いなく採れないということでした。
 
2時間くらい頑張りましたが、確かにアサリは余り採れませんでした。
また、粒も小さかったです。
 
こんなことは私は今まで経験したことがなく、海に何か異変がおこって
しまったんだろうかと、心配になってしましました。
去年の記録的な猛暑と冬の寒さが影響したのでしょうか?
 
収穫は近藤家と東家で食べる分くらいしか採れず、
当社メンバーにおっそ分けできなかったのが大変残念でした。
(アサリを楽しみにしていたメンバーがいたのですが)
 
午後は場所を移動して、ラグーナ前の砂浜でトライしました。
こちらの場所は無料です。誰もしらない穴場です。
こちらの砂浜では、アサリよりマテ貝狙いです。
 
マテ貝は巣穴に塩を振りかけると、驚いてニョキと水管を出して
きますので、そこを捕まえます。タイミングを外すと採れません。
 
水管を指で挟んで少しの時間格闘しますが、巣穴からひっこ抜きます。
それが子供にとっては大変面白いみたいです。
(実は、その感触が大人にとっても面白いです)
 
マテ貝は大漁でした。その他、カガミ貝、バカ貝(関東ではアオヤギ貝)
も大漁でした。
 
どんなふうに頂いたかといますと、アサリは定番の味噌汁、酒蒸し、アサリスパ。
マテ貝はバター炒めにしてみました。
 
やはり、仲間と息子と一緒に採った貝の味は格別ですね。
来年は、海が正常に戻り沢山アサリが採れることを祈るばかりです。
 
年に1回くらいの数時間の潮干狩りですが、
なぜかワクワクしてしまいます。
 
潮干狩りでなくてもいいのですが、こんな気持ちをもてる日が年に何日か
あるだけでも幸せなことだなと思います。
 
 
2011年04月21日 【スタッフ日記】


こんにちは、岸です。 でらいとニュースの今月号でも紹介した本、

 『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』 (竹田恒泰・著、PHP新書)

  http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-79429-7


この本には、現地の国の教科書に載っていながら、日本では教科書に載っていないどころか、その事実もあまり知られていない、誇れる日本人のエピソードがあふれています。

 
2011年04月13日 【スタッフ日記】

今朝TVで次のニュースを観ました。

団体交渉権訴訟:個人請負も「労働者」 団交拒否は不当行為

 

メニュー

月別一覧

デライトな日々「社長日記」
持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】