このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > デライトな日々 > スタッフ日記 > マッチ・ザ・ベイト

スタッフ日記

マッチ・ザ・ベイト

2009年07月22日 【スタッフ日記】

過去のスタッフ日記で、私の趣味の釣りについて、これまでの経験上、初めて釣行したポイントでは、周囲のよく釣れている人の釣り方を観察したり、地元ベテランに教えを乞うことが、効率よく釣果を上げるためのコツであることをご紹介しました。

今回は、ルアーやフライなど疑似餌を使う釣りのセオリーとして、よく使われる言葉「マッチ・ザ・ベイト」について、お話しします。

「マッチ・ザ・ベイト」とは、“そこに棲む魚が餌にしているものにマッチしたルアーを使え”という意味です。

(マスを毛ばりで釣る)フライ・フィッシングでは、「マッチ・ザ・ハッチ」と言い、“使うフライ(毛ばり)を選ぶ時に、今その釣り場で魚が食べ、羽化している虫に合わせろ”という意味です。

 

一昨日(7/20,海の日)に、知多半島の野池へブラックバスを釣りに出かけた時のことです。

 

釣りをしていると、自転車で乗りつけた地元の年配の方が、私の方へ近づいてきました。

私の方から、ニッコリと笑顔で「こんにちは」と挨拶をすると、地元の年配の方も笑顔で返してくれました。

釣竿を持ったライバルであれば、にらみをきかせて(笑)、“マイ・ウォーター(ここは私の釣り場)”を主張するところですが、その地元の年配の方が持っていたのは、カゴとロープでした。

 

「それは何をするための物ですか?」と質問すると、地元年配の方は、「この池で、モエビが獲れるという話を聞いたので、その仕掛けだよ」とのこと。

「こんな水の汚い池にモエビが居るのか?居たとしても、食べたらお腹こわすな」と疑問に思いましたが、前回のハゼ釣りの経験を踏まえ、地元年配の話を信用することにし、それまで使っていたルアーをエビの形をしたものに替えて釣り始めました。

 

すると!一投目から、「ゴン、ゴンッ」という明確なアタリ!

釣り上げたブラックバスは、立派な44cmでした。

口の中を覗いて見ると、モエビのひげが見えており、また、口の歯にあたる部分は、硬く、ザラザラしていました(甲殻類を捕食しているブラックバスの特徴)

その後、さらに42cm、30cm前後を3尾、合計5尾を釣り上げました。

26cmくらいの男性用のサンダルも釣りました(笑)

 

周囲のライバル達は全く釣れていない状況の中で、信じられない出来事でした。

「これが、マッチ・ザ・ベイトか~」

またもや地元の年配の方に助けられた私でした。

 

(組織人事コンサルティング事業部 東 卓)

 

 

 

 

 
コメントをお願いします



メニュー

月別一覧

デライトな日々「社長日記」
持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】