このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > サービスの実例 > サービス別 > 企業合併をきっかけに、経営が悪化してしまった。

組織人事コンサルティング

【組織人事コンサルティング】

企業合併をきっかけに、経営が悪化してしまった。

DATA:電気・ガス・水道業/従業員数10〜49人
お客様の状況
合併効果がないばかりか経営的にマイナスに。
企業合併によって生じた問題を抱えてのご相談。合併をしたものの、プラスの効果よりも問題点ばかりが目につく。業績も芳しくなく、経営的にも良くない状況に。  
デライトコンサルティングのサポート
2つの会社を冷静にみながら問題点を精査しました。

者成長への近道ともいえる企業合併は、同時にそれまでになかった課題を生じさせることがあります。
今回は、大きく下記の3つの問題が浮き彫りとなっていました。

(1)合併会社間で大きく異なっていた人材タイプ
存続会社は、身体的負担の大きい屋外作業が業務の中心で、採用難のため平均年齢は40歳台後半と高年齢化していました。一方の消滅会社は、比較的高学歴の公的資格を有する技術者集団で、30歳台の若手から中堅の人材が中心となっていました。

(2)固定的かつ高止まりしていた人件費
存続会社では、業務特性による人材採用難から、全般的に世間相場と比較して給与水準が高く、売上高人件費比率が高くなっていました。一方、消滅会社は、これまで賃金管理がルール化されておらず、公務員給与を参考に給与水準を決定していたため、総じて平均年収が同業他社に比べて、高い水準となっていました。

(3)公共案件縮小による収益の減少
売上の大半を占める官公庁物件の発注量の減少と発注単価の低下によって、存続および消滅会社のいずれも売上高・粗利益が毎年減少し続けていました。


問題点を細かく精査した上で、主に2つの側面からの支援方法を考えました。

(1)会社の方針・目標の明示と個々人の職務への落としこみ
異なる会社が合併したこのときを第二創業期のスタートと位置づけ、明確でなかった「会社方針」「経営目標」を一からつくり上げました。また、それらを実現するために求められる人物像とそれに至るキャリアパスを明示すると同時に、貢献度に対する評価と報酬の仕組みを整備することで、個人の行動指針を明確にしながらモチベーションを高く維持して働くことができる流れをつくりました。

(2)管理職のマネジメントに対する責任意識の向上
これまでの管理職は個人プレーヤーに傾きがちになっていました。そのため「業務管理や部下育成を通じた組織目標の達成」こそが、管理職の最も重要な役割・責任であることの認識を持ってもらうことに注力しました。さらに、管理職と経営陣のコミュニケーションの機会を増やし、業績数値に基づいた現状に対する危機感を共有してもらいました。


■具体的な取り組み
制度面から下記の取り組みを行いました。
----------
(1)人事制度構築
(2)人事制度の導入・運用定着化
----------

(1)人事制度構築
◎社内等級制度の策定
管理職には「役割等級」を導入し、組織業績、業務管理や部下の育成などについて、求められる成果・行動をマネジャーの役割・責任として定義しました。非役職者(監督職、担当職)には「職能資格等級」を改正導入し、中長期的な職務遂行能力の向上を目的に、職種ごとの専門性を加味しながら能力要件を定義しました。

◎人事評価制度
管理職には、役割等級ごとの役割定義に基づき、組織目標の達成度、マネジャー役割(行動)の遂行度を評価する「役割評価」の仕組みを導入しました。また、管理職の「役割評価」の内の組織目標の達成度は、目標管理制度のしくみにより評価することにしました。非役職者(監督職、担当職)には、職能資格等級ごとの能力要件に基づき、能力の習熟度合いを評価する「能力評価」のしくみを導入しました。

◎給与制度
基本給は職能給と役割給(管理職のみ)とし、能力評価の結果を職能給の年次改定(昇給)へ、役割評価の結果を役割給の年次改定(昇給、降給)へ反映するしくみとしました。賞与は、原資を会社業績(売上、利益)に応じて変動するしくみ(業績連動型賞与)としました。賞与の個別配分方法は、業績貢献度を公正に反映するため、成果評価結果と等級を反映するしくみ(ポイント方式)としました。

(2)人事制度の導入・運用定着化
上記の人事制度を導入後も継続的に、制度運用実務のサポート、制度メンテンナンスをご依頼いただいています。
この会社は、総務人事担当者が不在のため、当社が毎年、給与改定(年1回)、評価実施(年2回)、賞与(年2回)の運用実務を支援しています。また、業況や組織人員など経営環境の変化に合わせて、社内等級制度の等級定義や人事評価の評価内容を改正しています。

 
この実例の担当者
管理職の意識・行動の変化が、業績の向上に結びつきました。
exa-ph-higashi.jpg
人事制度導入後、管理職に業務管理・部下育成などのマネジメントに対する責任意識が芽生えはじめました。毎週定期的に、部長・課長クラスが集合してミーティングを行い、各部署の売上やコストに関する課題を共有し、部署間の業務連携が強化されつつあります。 合併当初は、ジリ貧になっていた売上回復を最重要課題として位置づけ、売上重視の目標を設定。ところが、売上は回復したものの、採算性の低い物件受注の割合が上昇し、当初よりも利益が減少したため、利益重視の目標へと大きく方向転換。その中で、自社が持つ技術的強みを積極的に打ち出し、物件の選別、顧客開拓を進めた結果、売上が落ち込むことなく、目標利益の達成を実現しました。その間、会社方針・目標の変化に応じた人事制度の改正メンテナンスを行い、業績向上に貢献しました。およそ半年のコンサルティング期間中、案を持ちつつ10回以上は足を運びましたが、苦心したのはお持ちした案を腹に落としていただくところです。しっかりとしたご理解の上で取り組んでいただけたからこそ、しっかりと成果が上がったのだと思います。(組織人事コンサルティングSL 人事コンサルタント/東 卓) 

メニュー

持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】