このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > サービスの実例 > サービス別 > 10年後、会社を引っ張っていく人材を育成する。

企業研修

【企業研修】

10年後、会社を引っ張っていく人材を育成する。

DATA:製造業/従業員数50〜99人
お客様の状況
将来、会社を牽引していく人材を育成したい。
管理職やリーダークラスの人材が、部下への指導や部下への関心が不足しているとの現状認識があった。10年後、会社を引っ張っていくことを期待されるそれらの人たちに、自分の責任と役割を再度認識してもらい、行動を変えてもらいたい。  
デライトコンサルティングのサポート
3カ月にわたる研修、実践、フォローで行動の変化を促しました。

下記の内容で研修を企画・開催しました。
----------
◎対象者:管理職・リーダークラス社員
◎人数:15名
◎支援の形式:現場実践を織り交ぜた研修形式
◎支援の期間:3カ月(最初と最後に集合研修。その間、月1回行動進捗フォロー)
----------

■具体的な研修内容
1)集合研修
会社が管理職に期待することをもとに、グループ単位で行動テーマ(実際に取り組むこと)をディスカッションして決め、宣言してもらいました。

2)対象者各自の行動実践(3カ月)
グループ単位でテーマを設定し、そのテーマを各自に職場で行動実践してもらいました。1カ月ごとに行動の振り返りシートを記載してもらい当社に提出。当社でコメントやアドバイスを記載してフィードバックしました。期間中、「見える化実践」と称して、各グループの行動進捗度が見られるボードを準備(食堂に掲示)し、全社員に活動が丸見えになるようにしました。
お客様の自発的な行動として、行動進捗度を更新(2週間ごと)しながらグループミーティングを行い、各メンバーの行動の進捗の共有と相互アドバイスの機会をつくるなどの取り組みが生まれました。研修中から積極的な行動が生まれたことは素晴らしいことです。

3)集合研修
一人一人に行動を振り返っていただき、今後の取り組みを宣言してもらいました。

4)グループ表彰(社長表彰)
皆さんのがんばりや行動の変化を感じてか、研修期間中に社長からの提案がありましたので盛り込みました。

 
この実例の担当者
研修が進むうちに行動の変化がみえてきました。
exa-ph-kishi.jpg
研修をしながら、管理職の方々の部下への関心が強まっていく様子が見て取れました。実際に職場での声掛けが増え、部下とのコミュニケーションが活性化しました。また、部門を越えた面識のない方同士でグループをつくってもらったのですが、この研修をきっかけに、他部門とのコミュニケーションも活発になるという効果も得られました。(組織人事コンサルティングSL 取締役/岸 孔司) 

メニュー

持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】