このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > 執筆書籍 > 上司の「人事労務管理力」 〜部下との信頼関係を築くために大切なこと〜

上司の「人事労務管理力」 〜部下との信頼関係を築くために大切なこと〜

◎部下をもつ上司の皆さまへの一冊

上司と部下が「本物の信頼関係」を築くために必要となる「人事労務の基礎知識」と「4つの実践力」を、一般のビジネスマンにもわかりやすい言葉で解説しています。

「生きることの価値」「働くことの価値」を考えたとき、そこには上司と部下との本物の信頼関係を抜きにして語ることはできません。その職場における信頼関係とは、お互いのことを認め、より深く理解し、共有する目的のために助け合いながら働き、成長できる関係です。誰もが信頼関係をもって働いて、幸せなりたいと願っています。本書ではどうしたら部下との信頼関係が築けるかを人事労務管理の切り口から解説しています。

==============
□著者:近藤圭伸
□発行日:2012/09/22
□240ページ
□ISBN-10: 4502059404
□ISBN-13: 978-4502059407
□出版社:中央経済社
==============

書籍の詳細と関連セミナーのご案内はこちら→

 


 
内容 ◎序章/腹心に裏切られた社長
◎第1章/慢性的な持病を抱える日本の会社
◎第2章/痛手となる人事労務管理の怠慢
◎第3章/職場を救う上司の「人事労務管理力」
◎第4章/ダメ上司と言われないための知識
◎第5章/上司の観察力
◎第6章/上司の傾聴力
◎第7章/上司の承認力
◎第8章/上司の対話力
◎第9章/部下との本物の信頼関係づくり
 

サービス実例

社員から次々と不平・不満が噴出してきた。

小規模の会社は「暗黙のルール」でも動いていきますが、その裏で、社員の間でくすぶっている不安や不公平感が蓄積されていることはよくあります。

外的要因による経営苦境を乗り切るため、組織そのものを強化したい。

外的要因によっても左右されるのが企業経営の常。当面の苦境を乗り切るだけでなく、強い組織になるためには内部強化が必要です。その一環として人事評価制度の見直しも大切です。

「30代半ば」の人に、職業人としての節目に気づきを与える。

「30代半ば」は、職業人としての節目の時期となります。自分は今後どのように進んでいけばよいのかを考える機会をつくり、仕事へのモチベーションを高める研修です。

顧客への対応が従業員によってバラバラ...。サービス向上をめざしたい。

「会社理念」や「行動指針」は存在するだけでは価値はありません。全従業員に浸透し、実践することではじめて価値が生まれます。

「能力重視への移行」と「社員高齢化の問題」を解決したい。

社員の高年齢化が進むにつれて、年功ベースの評価が経営に与える影響は大きくなってきます。ところが旧来の制度から方向転換することは、口で言うほど簡単ではありません。

サービスの実例一覧へ
 

メニュー

持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」する!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】