このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > 企業研修/「“行動指針”づくりワークショップ」のご案内

【企業研修】「“行動指針”づくりワークショップ」のご案内

“行動指針”づくりワークショップ

社員が主体となって楽しみながら「私たちが決めた行動指針」を作成しましょう。

ごあいさつ

講師:近藤圭伸

 経営者と社員が協力して、“いい会社”をつくるためには、経営理念を共有し社員が主体的に行動していくことが望まれます。その指針(行動基準)になるものが「行動指針」です。社員が笑顔で働き利益を出している会社の共通点は、社員がやらされ感なく自分たちのこととして行動指針にそった行動をしていることです。
 実は“いい会社”では社員自らが率先して行動指針をつくっています。行動指針づくりというと何か難しく感じますが、「持ち味カード」を使うと社員の皆さんで簡単に作成することができます。
 このワークショップは、社員が主体となって、楽しみながら「私たちが決めた行動指針」を短期間で作成するプログラムです。

(デライトコンサルティング株式会社 代表取締役 近藤圭伸)

“行動指針”づくりワークショップの目的と効果

ワークショップでは、社員同士がお互いの個性(持ち味)を認め、尊重し合うことを学び、社員自ら行動指針を決定し、一致団結して会社の目的と目標に向かうことの大切さを感じてもらいます。

【目的】
◎経営品質の向上
◎社員自らが決めた行動指針の実践による、自律型人材の育成
◎組織の一体感の醸成

【効果】
◎社員の「個」のちからと「チーム」のちからを最大限に引き出せる基盤ができます
◎社員同士の連帯感と「いい会社」は自分たちがつくるという意識が確実に育まれます
◎社員の行動の質が向上します
◎自分達で決めた行動指針なので自らの責任のもとに行動を起こすことができます
◎顧客や関係者に周知すると会社のイメージや信頼感が向上します
◎会社にとって必要な社員が定着していく土壌ができます

“行動指針”づくりワークショップの特徴

最大の特徴は『持ち味カード』を使うこと

◎ビジネスで必要とされる「持ち味」が1枚1項目ずつのカードになっています
◎社員の持ち味や会社として取り組むべきこと(行動指針項目)が簡単に確認・見える化できます
◎カードになっているので、行動指針項目が短時間で抽出できます
◎参加者が主体となって、とても楽しく実施できます

最大の特徴は『持ち味カード』を使うこと

★参考:『持ち味カード』の詳細はこちらをご覧ください。

ワークショップの流れと内容

ワークショップの流れと標準的な内容は以下の通りです。 ※行動指針パネルの納品までの期間を2ヵ月とした場合
ワークショップの流れ
【ワークショップ/1日目】
◎オリエンテーション(ワークショップの目的と目標の共有)
◎「持ち味の窓」ワークショップ(個人及びグループ演習)
 →自分の持ち味とチームメンバーの持ち味を探し、お互いの理解を深める
◎宿題について

【ワークショップ/2日目】
◎「個」の力と「チーム」の力を引き出す“いい会社”づくりのための項目発表
◎「私たちが決めた行動指針」をチームで議論し決定(個人及びグループ演習)
◎行動指針パネル作成についての要望の聴取

【パネル完成式】
◎全社員を集めてパネルの完成式を開催(貴社にて実施)

【継続フォロー(オプション)】
◎行動指針の実践確認・振り返りミーティングの開催運営(個人またはグループ演習)
◎行動確認シートを活用した実践状況の見える化

※オプションは別途ご相談のうえ、お見積となります

成果物:行動指針パネルの事例

行動指針はパネルにして、会社の玄関など顧客や取引先の目に触れる場所に掲示します。外部の方にも見える場所に掲示し、行動指針について質問されたり、褒められたりすることで、社員は「いい会社」は自分たちの行動でつくっていくものなんだと、再認識してくれます。

【事例1】 ピクトグラムをオリジナルで作成し、わかりやすくしました。
行動指針パネル事例1
【事例2】 構図にこだわり、全体に視覚的なイメージを大切にしました。
行動指針パネル事例2
【行動指針パネル掲示の様子】
パネル掲示の様子

“行動指針”づくりワークショップ実施企業の事例

【企業概要】
・社名:株式会社 長良園(ながらえん)
・本社所在地:岐阜県岐阜市
・創業:昭和28年8月
・代表者:代表取締役 市川嘉宏
・事業内容:各種お煎餅、ゴーフレット、クッキー、バークッキーの製造・販売
・従業員数:70名

【ワークショップ実施のきっかけ】

 市川社長は会社としての基盤がようやく整ってきた現在、今後の当社のさらなる発展を考えたとき、社員がお互いを理解し、社員自らが行動を起こし自律していかなければならないことを痛感していた。経営理念はあるが抽象的で具体的な社員のアクションにはつながりにくい。そこで行動指針をつくることにした。
 本来、行動指針は会社がつくるのが一般的であるが、社員自らが行動指針をつくることに意義(社員の責任と自律を育み、社員間での共有が即座に図れる)があり、社員でつくる方法はないかと模索していた。そのような時に、持ち味カードを活用した「行動指針づくり」と市川社長のニーズがマッチした。

【ワークショップ実施後の感想】

 先般、会社の「経営理念」や毎年発表される「経営方針」「部門方針」とは別に、一般の社員、準社員の皆さんだけで考えた「私たちが決めた行動指針」が社内に掲示されました。
 会社の方針等を聞くばかりだったところから、自分たちで指針を策定できる『持ち味カード』を使用して、初めてのチャレンジに戸惑いながらも意見を出し合い、グループごと、そして全体で行動指針を仕上げることができました。
 普段は余り接することのない他部門の人とも、個々の良い点などを認めながら、これから共に意識していくポイントをまとめていきます。 会社の幹部を除き各現場の中で日常業務を遂行しているメンバーだけで目標として立てるため、自分たちが立案したという自負と、今後の自分自身の行動に責任を持ちたいという思いを感じました。
 私たちはお客さまを意識し喜んで頂けることを大切に、そして自分たち自身の生きがいをも持って進んでいきたいと思います。

ワークショップの様子 ワークショップ終了後の完成記念写真と「私たちが決めた行動指針」パネル
社内発表会

研修概要

対象者 企業や団体の社員 ※役員は除く
実施形態 グループによるワークショップ形式
※1グループ4名。1回のワークショップにつき最大6グループまで
※部門や職種別にも実施できます
実施時間 3時間×2回(全6時間)
講師料金 15万円×2回 合計30万円(税別)
※交通費、宿泊費は実費をいただきます
持ち味カード 『持ち味カード』:3,000円(税別)/1個
※参加人数分ご購入いただきます
パネル パネル作成料:5万円(税別)
※納品物:ピクトグラムを施したA2カラーポスター1組(フレーム付)
※パネルのデータも同時に納品します
お問い合わせ デライトコンサルティング株式会社
電話:052-937-5615 / メール:info1999@delight-c.com



 
ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】