このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > デライトな日々 > 2017年3月

「2017年3月」の一覧

2017年03月27日 【スタッフ日記】

 東です。

 今年も残すところあと9ヵ月となりました(?)

弊社のそばのオオカンザクラの並木道(東区泉二丁目と三丁目との境)は、満開を過ぎようとしています。

 
2017年03月23日 【スタッフ日記】

こんにちは、岸です。

先週になりますが、2017年3月16日。その日は次男の卒業式でした。


今でも次男が生まれた時のことは昨日のことのように鮮明に憶えています。
よくぞここまで大きく育ってくれました。
同じように生まれてからこれまでのことを思い出したのか、式の最中、
隣に座っていた妻がぼろぼろ涙を流すものだから、ついついつられてもらい泣き(T_T)


                    

5年前、長男の卒業式にも出ました。
その時の校長先生からの祝辞は、明治時代、台風で座礁したトルコのエルトゥールル号の乗組員を和歌山県の村民が助けた話でした。以前、このブログにも書かせてもらっています。
(2012年3月21日 「贈る言葉」)
http://www.delight-c.com/blog/03/post-176.html
国籍に関係なく、人とのつながりや絆を大切にせよという教えでした。
つい最近、この話が映画化された『海難1890』を観ました。
ラストシーンでは自覚なく涙が止まりませんでした。
かつて、こんな日本人が居たことを強く誇りに思います。


そして、今回の校長先生の祝辞は、カズこと三浦和良選手の話。
プロのJリーグもまだない頃、小学生の頃からプロのサッカー選手になる夢を持ち、
その後、周囲から「99%プロになるのは無理」と言われ、
「そうか、プロになれる可能性が1%あるんだ」と言って単身ブラジルに渡り、
その後、その夢を実現させて50歳になった今でも現役を続けているという話でした。
夢をあきらめるな、ということですね。

小学校に上がる前からサッカーを続けている次男に、
その話がどう伝わったのかは定かではありませんが、
次男に夢があるのなら、その実現を精一杯応援してやりたいと思います。

校長先生の祝辞の言葉は忘れても、そのエッセンスだけでも次男の胸に響いていて欲しい。、
そう願うばかりです。

 
2017年03月12日 【社長日記】

今日は3月12日。名古屋ウィメンズマラソンの日です。
私は事務所で仕事です。

毎年少しの時間ではありますが、
事務所の外に出て女性ランナーのみなさんを応援します。

最近知りましたが、名古屋ウィメンズマラソンは女性のマラソン大会では、
参加者が2016年実績で19,607人と、世界一の規模をほこり、
ギネスブックに載っているそうです。

名古屋に世界一があったんですね。
少しうれしい気持ちになりました。

しかし、それよりもっと驚いたのは、
完走率がなんと97.5%だということ。信じられません。

制限時間が7時間ということもあるのですが、
それにはある理由があることを友人の女性から教えてもらいました。

名古屋ウィメンズマラソンといえば……ティファニーだそうです。
ティファニーのオリジナルペンダントが完走者全員に贈られます。
http://womens-marathon.nagoya/gift/

完走者一人ひとりに、タキシード姿の男性から「ブルーボックス」が手渡され、
笑顔になれるのだそうです。

なるほど、一人ひとりに心を込めてティファニーですか、がんばれるはずですね。
そこにはちゃんと女性の心を掴む仕掛けがありました。

それにしても女性ランナーのみなさん、本当に尊敬いたします。
粘り強いというか、意志が強いというか。

今日は安藤選手が22歳の若さで初マラソン日本最高記録を出しました。
東京オリンピックが楽しみですね。

来年は仕事を休んで応援をしたいと思います。

 

【近藤】

 

メニュー

月別一覧

デライトな日々「社長日記」
持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】