このページではJavaScriptを使用しています。
HOME > デライトな日々 > スタッフ日記 > 名古屋ウクレレフェスティバルSHACHILELE EXPO 2017

スタッフ日記

名古屋ウクレレフェスティバルSHACHILELE EXPO 2017

2017年09月06日 【スタッフ日記】

 8月11日に、愛・地球博記念公園で開催された、“鯱レレ万博 2017”に行ってきました。

 
私は、昼少し前に入場しました。
中は、多く(1万人ぐらい?)の来場者で賑わっていました。
女性が7割、男性が3割といったところでしょうか。
中高年者以上が結構多かったと思います。
 
天候は、はじめの頃は曇っていましたが、昼を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなり、
とうとう雷まじりの大雨となり、その後ラストまで雨は止むことはありませんでした。
 
そこで、メインステージ(屋外)での演奏は一旦中断されましたが、その後ステージが屋内に移され、主にアマチュアバンドによるウクレレ演奏が再開されました。
 
私は、事前にスペシャルステージ(屋内)のチケットを購入予約していましたので、
会場をザ~と見てから、その会場に入りました。
そこではゲストプレーヤーによる生演奏を満喫しました。
 
一番に感動したことは、日本ウクレレ協会会長である、レイ小原さん、ハワイから来た小原ファミリー、さらに、ゲストの、Yeh☆ie、との共演でした。
ウクレレ演奏、ハワイアンソング、そして、フラダンスを披露してくれました。
「うまい、さすが本場だなあ」
と思いました。
 
また、倉知誠さんのハワイアンソングとウクレレ演奏を聞いたときには、本当にハワイにいるような気分になり、うっとりしました。
20年ほど前に旅行したハワイのことを思い出していました。
 
スペシャルステージのライブが終わって、もう一度、メインステージに行きました。
スピッツの、“空も飛べるはず”や、サザンオールスターズの、“TSUNAMI”、
NHK連ドラ主題歌、桑田佳祐の、“若い広場”などなど、皆さん、とてもウクレレが上手でした。
 
フィナーレは、elli+katz+nori、と当日のゲストプレーヤー全員によるウクレレライブでした。
観客といっしょに、「おへそのきもち」をみんなで歌ったり、持ってきたウクレレを歌に合わせて演奏した観客がいたりして、会場は大いに盛り上がりました。
 
私は、ウクレレがうまく弾けるような気分で帰ってきましたが、実際にやってみると・・・、
『そうは問屋が卸さない』でした。 
 
【矢 崎】
 
 

 

 
 
コメントをお願いします



メニュー

月別一覧

デライトな日々「社長日記」
持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】