このページではJavaScriptを使用しています。

スタッフ日記

防災キャンプ

2017年08月31日 【スタッフ日記】

 こんにちは土方です。

明日91日は防災の日です。もしもの時に備えていますか?

 

先日、お客様で災害救援活動を行っているNPOが共催する「防災キャンプ」にボランティアとして23日参加してきました。キャンパーは小学4年~6年生が33名と、その他指導者、ボランティアです。

 キャンプにはボーイスカウトでよく行きますが、「防災キャンプ」は初めてです。

災害に備え、生き抜くためのキャンプ術です。

 

避難所体験で、体育館にダンボールの間仕切りを組立て、夜寝たのは初めてです。

暑い中、床は硬く他の人が動けば物音が気になります。熟睡できる訳がないことを体感しました。

 

食事は、「ボリ袋で食事を作ろう!」ということで、ポリ袋に材料を全部入れて湯せんをして作りました。「カレーピラフ」「じゃがいもの煮ころがし」「切干し大根のサラダ」「蒸パン」、どれも美味しく簡単なので、災害時だけでなく日常でも充分満足できます!

 

その他、牛乳パックは大活躍です。牛乳パックに各自1人分の非常食(夜食)を持ってきてもらいます。さらに牛乳パックを広げてカレーの食器にします。朝食には、牛乳パックの中にホットドックを入れて、牛乳パックを燃やせば温かいホットドックの出来上がり!です。牛乳パックは、入れ物になり、食器にもなり、燃料にもなり優れものです。

 

災害時に命が確保された後は、寝ること、食べることが大事になってきます。

キャンプを通じて感じたことの発表で、ある小学生キャンパーの班、

体験を通じて大事だと思ったこと、「友」。

家族と同じように困った時に助け合う「友」が、大事だと言っていました。

小学生すごい!

経験すること、体験すること、大事ですね。

 
 
コメントをお願いします



メニュー

月別一覧

デライトな日々「社長日記」
持ち味カード

自分の持ち味を「目に見える化」!
持ち味カードはデライトコンサルティング(株)の登録商標です

ページトップへ
(C) Delight Consulting Inc. All Rights Reserved.
中小企業の組織人事・労務管理、働く人のキャリア開発を支援するデライトコンサルティング株式会社【名古屋市】